拙者は轟斬九郎、不測の事態に弱き愚鈍な侍。

公衆浴場での狩猟依頼も手馴れたもの。
けふも何時もの如く孤島にて雌火竜をば捕獲。

20110928_mhp3_01

うむ、無駄がござらぬ動きにて楽々と仕留める事、出来申した。
我ながら天晴れじゃ!

20110928_mhp3_02

上位とはいえ、もはや雌火竜なぞおそるるに足らず!
ぬはははっ!

さて、汗もかゐたことじゃし
報酬貰りて温泉にて一休みと参ろうや。








20110928_mhp3_03

………おろ?
突如孤島内に張り詰める不穏な空気。
なにやら狩猟対象外の「何者」かが出没したようでござる。
然し乍ら気配も察知にてきずただ周囲をば彷徨うのみが拙者。
いったい何ぞ起きておるのでござろうや?



20110928_mhp3_04

おろ?
「志村、後ろ!後ろ!」とな?
なんのことでござるか??

おろ?
背後にただならぬ殺気が………

20110928_mhp3_05

あっ………










20110928_mhp3_06
ち――――――ん


………orz


わけも分よりず沈められ、村に引き返した拙者。
周りに訊ねてみた所業、なにやら界隈をば賑しておる
「凶暴竜」なる超剣呑な獣竜に襲撃されたようでござる。
それにしても凶暴竜って見たまんまの名でござるな………

おのれ、凶暴竜め。
よくも好き勝手やってくれたでござるな!
今から斬り捨ててやるからそこで待っていろ!!

乱入せし凶暴竜になす術なく沈められた斬九郎、見事復讐を果たす事が出来るのか!?
待て、次回!!
(武士語 by http://monjiro.net/  http://www.trance-media.co.jp/

<ブログランキングに参加しています。>

クリックしていただけると嬉しいです。
人気ブログランキングへ